Ferry Corsten@ageHa20140322

来日の発表を見た時からどきどき。

フェリーが大好きな友達(我が気楽部)と一緒に、心待ちにしていたこの日。いつもゲストをお願いするDJの友達も、今回はお願いされた数が100人を超えたといっていました。それだけみんなが楽しみにしていた夜。万が一アゲハバスに乗れないと困ると思って電車で行く真面目さ。(11時のバスから相当並んでいました。)

イベントとしてはMAGNIFICENTでFerryの前にはYODA。自分だけかもしれないけど、そわそわ。いつも通り、シャンパンもビールもショットを飲んでも、あまり酔わず、YODAをふわふわしながら聞いていました。気のせいかもしれないけど、いつもより海外からのお客さんが多かった気がしました。

予定時刻から遅れる事15分ころに、ブースの下からひょいっとFerry登場!肩車でメッセージボードをかざす女の子、ひたすら絶叫する人、泣き出す人、感激のあまり固まる人。みんなそれぞれのFerryに対する想いが、アリーナに満ちあふれていました。

私と友達は参拝客のつもりで、今回は真面目に行こうととひたすらステージ上のferryを拝み倒しました。

 

といってもね、やっぱりEDMなんですよ。だからセットの内容は特にあれなんですけど、最後の4曲くらいかな。「THANK YOU 」がスクリーンに出たあたりからがやばかった。多幸感に包まれました。(多幸感の様子:友達の「やばいやばい」って声が♡)

最近、やっぱりどんなDJでもEDMだから、なんだかなと思う事もあります。なんなんでしょうね。今、みんなが「いい!」と思うものに賛同できなくなった私は、もうダメなのかなと思います。やっぱり、新しいものが吸収できなくなったら、そこで自分の感性はコンプリートされてしまって、後はこわれるか、滅びていくしかないような気がする。コンプリートしたくない。

 

さて、このイベントには友達RYU君とヘクトパスカル戦士(今度から戦士とよびます。)も出演してました。友達のDJは気負いなく聞けるから気持ちが楽。私は、好きな外タレ(DJも外タレって言っていいのかな)が来るときは、本当に緊張してしまって、1週間目位から体調に気を配り、食事や睡眠をきちんととり、けがをしないように生活しています。

あ、で、話しがそれましたが、私はその場に居合わせなかったのですが、どうやらRYU君のDJが途中で止まってしまったらしいのですよ。彼は後でFBで謝罪をしていたのですが、オーガナイザーには謝罪がポーズとして必要かもしれないけれど、お客さんに謝ることなくない?と思うのです。最近その手の謝罪をFBでよく見かけるのですが、正直、謝られても・・・って思うのです。とある友達が言っていた「間違いを間違いと認めないくらいのDJのがかっこいい。」という言葉に賛成です。「そんなの気にしないで。」って言ってほしいのかなと思ってしまう。(RYU君は「次はかっこいいとこみせたるで!」って感じの前向きな書き方だったから、こっちも気持ちよかった。)プロで、そんな表明出す人いなくないですか。説明とか釈明とかいいから、日本のEDMの行く末とか心配しなくていいから、ガツンといい曲作ってよ!

 

というわけで、気づけばアゲハポイントが185ポイント。VIPは入れるね!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中